2021年7月9日金曜日

6月は豊作!梅にすももにびわ!

みなさん、こんにちは。

6月に仕込みを終えた男木島の梅たちは、氷砂糖が溶けて、順調においしそうな梅シロップにしあがっています。


その後も、大島の梅、豊島のびわにすももとこの季節ならではの果物が続々と届いた島キッチン。

今年は豊作なようで、本当にたくさん届きました。


そして大仕込み大会の始まりです。



大島で梅やかんきつ類の加工をするときにいつも手伝ってくれているこえびの福家ちゃん。今回島キッチンに来てもらいました。




福家ちゃんは、大島の梅をシロップとジャムにしてくれました。シロップはソーダ水で割って季節のドリンクに、ジャムはパウンドケーキに入れて焼き菓子になる予定です。

大島のみなさんは大島の梅をどんなふうに加工するんですか?と自治会副会長をされている野村さんに聞いたところ、「ワシは焼酎につけるんじゃ」とおっしゃっていました(想像していた回答通り!)。

大島のみなさんは、梅干しにする方もいれば、シヨルと同じようにシロップにする方もいるようです!みなさん、梅仕事を楽しんでいるようです。


色鮮やかで綺麗な豊島のすもも

豊島のすももは、シロップとコンポートに大変身。




すもものコンポートは、早速ドリンクにしてお客さんに提供しています。見た目も美しく、この季節ならではのドリンクを楽しんでくださっています。



そして、びわはというと・・

家浦港から島キッチンに行く途中、ところどころにびわの木があります。どのびわの木を見ても今年は鈴なり状態。島キッチンに届いたのは、大きなボールにいっぱい入るくらいのたくさんのびわでした!




びわは、1つ1つ皮を剥いて、びわの実だけが残るように種と薄皮をそいでいきます。これがけっこう大変な作業で、お母さんやこえびさんたちに手伝ってもらいながら作業しました。びわはジャムになり、デザートなどで使う予定です。



こえびさんやお母さんたちと加工しているとその食べ物にまつわるお話が聞けたり、そこからさらに話が広がるところも面白いですね。こちらの写真は、すももの加工をしている様子♪


島キッチンが食を通じていろいろな島とつながっています。島キッチンは、豊島の豊かな食そして周辺の島々の食の魅力をこれからも発信していきます。


2021年6月5日土曜日

今年最初の梅仕事は、男木島の梅!

こんにちは。時々島キッチンにいる、大島担当の笹川です。

620日までお休みしている島キッチン。

お休みの間は、豊島の方向けのお弁当づくりや営業再開に向けて今できる仕込みなどを行なっています。



この時期の風物詩といえば、梅仕事。


男木担当は収穫するとき、鈴なりに実っている梅を見て
「まるでマスカットみたいだ!」と言っていました。

今年最初の梅仕事は、男木島から届いた梅です。


早速島キッチンでソロ梅祭の開始!(大島のカフェ・シヨルで梅やかんきつを収穫して仕込むときの活動名を◯◯祭と呼んでいます)


綺麗な青梅はシロップに、少し傷みのあるものはジャムに。

あくを抜くため、ボウルに水を張り、梅を2時間ほど漬け置きします。


水からあげたあとの梅。写真は梅ばかりが続きます…


2時間後、水から梅を出し、梅についた水滴をふきんで取り除きます。

梅のヘタも一つずつ取っていきます。


こちらはヘタを取ったあとの梅

少し乾かしてから梅の実に穴をあける作業です。

あとは、保存瓶に梅と氷砂糖を交互に入れて、最後に米酢を少し回し入れて終了。


ラストの写真も梅!おいしいシロップになりますように!


今年も季節や旬を感じながら、梅仕事を楽しむことができています。

ソロ活動だったので、今度豊島のお母さんたちから梅にまつわるお話を聞いてみたいなと思います。ちなみに大島は、焼酎やホワイトリカーなどのお酒につけることが多いみたい。



そして、島キッチンの営業が再開するころには、梅の酸味と砂糖の甘みがちょうど良い感じに仕上がった梅シロップが完成していることでしょう!

島キッチンでは、梅シロップを炭酸水で割ったドリンクとして提供予定です。

梅の香りがふあーっと広がるおいしいドリンクをお届けできると思います。


お楽しみに!



2021年5月26日水曜日

改めまして、ご挨拶。

 こんにちは。

島キッチンの上野です。



3月末に島キッチンの立ち上げから店長をされていた

竹内さんが離職する事になり、4月から私が島キッチンの店長になりました。


自分が豊島に移住して、島キッチンで仕事をはじめてまだ2年弱、

今まで竹内さんが守って来た11年間の島キッチンを、

今後は自分が守っていかなくてはいけないのでプレッシャーはあります。

でも、自分一人でありません。

一緒に厨房に立つ島のお母さんたちやこえび隊事務局スタッフ、そしてこえび隊の皆さんもいてくれます。

いつも元気なこえびさんたち。

5月島キッチン環境整備の日にお母さんやこえび事務局メンバーと。

自分より島キッチンの事を知っているベテランさんです。

皆さんに助けて頂きながらがんばります。

ユニフォームもエプロンからコック服になりました!

他にも島の方々にも協力して頂き、島キッチンの良さを更に活かして

島外の方だけではなく島内の方々にも気軽に来て、

幸せな気持ちになって帰っていただける島キッチンにしていきたいと思います。






2021年5月16日日曜日

春の新商品、続々と登場中!

 

こんにちは。たまに島キッチンに現れる、商品開発部長笹川です。

今年の冬、玉ねぎドレッシングに続く新たな商品を生み出そうと、スタッフ一丸となり島キッチンの商品開発に取り組みました!

今回新たに4つの商品が完成。まずは豊島づくしの「野菜チップス」から紹介します。


野菜チップス

野菜チップスの試作期間は2か月を費やしました。私たちがこだわったことは、食べたときの「パリッ」とした食感です。


最初の頃は、なかなか「パリッ」とした音も出ず、どちらかというとしっとりとした仕上がりに・・。
「まだしっとりしとるな」
「パリッって音が出てないな」
「油っこいな」
けっこう何度も試作を重ねていくにつれて、ようやく求めていた「パリッ!」「パリパリッ!!」の音が出るようになりました。

島キッチンのお母さんたちに試食をしてもらうと「おいしいわ~」と言ってくれました。



野菜は、豊島産のジャガイモとレンコンを使っています。季節によっては、カボチャやサツマイモを使うことも。

味付けは、門脇さんの豊島の天日塩。すべて豊島産。豊島づくしの野菜チップスです。


割り干し大根

続いては、割り干し大根。今年の冬、お店の軒先に干していた大根が商品に!!

切り干し大根はよく耳にする方も多いと思いますが、豊島は、切り干し大根よりも大根を太めに切って干す「割り干し大根」が定番。

大根を切り、縦に切り込みを入れていきます。ロープに切り込みの入った大根をつるします。

干すこと約2週間。水分が抜けると、干していた大根は小さくなりますが、大根の甘さも旨みもぎゅっと濃縮されます!


こちらの商品は、島キッチンでも出している割り干し大根を使った3種類のレシピ付き!買ってすぐ料理ができるおすすめの一品です。


豊島のいちごジャムとみかんジャム 


今年もスイートスプリング、キヨミ、ハッサクなどの柑橘類が島キッチンに届きました。

みかんジャムは、豊島のお母さんが無農薬で育てたキヨミの実と砂糖のみを使ったシンプルなジャム。程よい甘さと酸味が少し残る、なめらかな仕上がりです。

豊島で育ったいちごは、子どもがパクパク食べちゃうほどの美味しさです。いちごと砂糖でコトコトと煮詰めたジャムは、甘さを控えめに仕上げています。

どちらのジャムもパン、ヨーグルト、お菓子のソースなどにピッタリ!

豊島の豊かな食をおうちでも楽しめるよう、こえびマーケットでも販売中です。

▼商品の購入はこちらから▼

2021年5月4日火曜日

2021年春の新作!豊島の玉ねぎドレッシングが完成しました!

 


昨年、10年越しに商品化が叶った、島キッチン特製の玉ねぎドレッシング。

ゴールデンウィークが始まる前に、この春とれたての新玉ねぎを使ったドレッシングが完成し、現在島キッチンにて販売中です!(他にも新たな商品が登場しました。こちらはまた近々お知らせします)


 

多くの方に豊島の玉ねぎを味わってもらいたい!私たちの玉ねぎドレッシングづくりが今年もはじまりました。

遡ること、3月。

玉ねぎを育てているお母さんたちにいつごろ収穫の時期を迎えるのか、そしてどのくらいの量の収穫があるのか1軒1軒聞いていきました。

早い方は、4月上旬に収穫できそうという嬉しいお知らせをいただきました。



そして4月上旬。

豊島のお母さんたちから去年よりもたくさんの玉ねぎが届きました。

コンテナ4箱分の新玉ねぎ。極早生という品種の玉ねぎで、甘味が強く、みずみずしいのが特徴です。

今回はコンテナ3箱分で新玉ねぎを丸ごと使ったドレッシングづくり。とても贅沢なドレッシングづくりが始まります。



薄い新玉ねぎの皮を剥いていきます。いつもは皮ごとローストするのですが、今回は皮が薄く焦げやすいことと土がついていたので、皮はすべてとり、綺麗に洗って表面についた水滴をさっとふき取っていきます。


1玉ずつ、アルミに包み、オーブンで蒸し焼きしていきます。

ローストの時間は約2時間。じっくりと蒸し焼きにすることで甘味がさらに凝縮されます。だんだんとオーブンからは玉ねぎのあま~い香りが漂い始めるんです。



アルミホイルをあけると、あつあつ、ほくほくの玉ねぎの完成。

そして、玉ねぎを冷まし、隣の小豆島へ。島キッチンのレシピ通りのおいしい玉ねぎのドレッシングを作ってもらいます。



新玉ねぎを使ったドレッシングは今だけ。ご家庭でも島キッチンの味が楽しめるおすすめの商品です。

以下の通販サイト「こえびマーケット」でも販売しています。

豊島の玉ねぎのドレッシング(864円・税込)

▼ご購入はこちらから▼

こえびマーケット

 


2021年4月17日土曜日

ゴールデンウィークのお知らせです。・。:

こんにちは。

島キッチンからゴールデンウィークの営業についてお知らせします!

初夏の島キッチン!店内でのお食事はもちろん、テラスでお弁当やカフェメニューもお楽しみください♪

この日は雨に濡れるテラスを眺めながらのお食事。


営業日 

4月29日から5月6日までは8日連続オープン!

営業時間

・食事 11:00〜14:00(ラストオーダー14:00)
・カフェ 11:00〜15:30(ラストオーダー15:30)


店内でお召し上がりいただけるお食事

・島キッチンセット

島野菜を添えた鮮魚のフリット、島野菜のサラダ、
日替わり小鉢、ごはん、汁物、漬物

メインは瀬戸内鮮魚のフリット。野菜やお米は豊島産・香川県産にこだわり、その時期に採れる旬の食材を使用しています。


・島野菜添えキーマカレーセット

島キッチン特製キーマカレー、季節の焼き野菜、
島野菜のサラダ、日替わり小鉢、ごはん、汁物、漬物


豊島のお母さんと丸ノ内ホテルのシェフとのコラボレーションで完成した、まさに島キッチン「特製」のキーマカレー。ちょっぴりスパイシーなカレーに旬のお野菜を添えています。


どちらも食べてみたい!という方には、島キッチンセットにプラスできる、キーマカレーの小鉢をご用意しています♪


テラスでのお食事など

・島キッチン特製弁当(要予約)

島キッチンセットと同じお魚のフリットと焼き野菜などをお弁当箱に詰めました。ピクニック気分でお召し上がりください。

・カフェメニュー

 島キッチン特製キーマカレー

 季節のデザート、お飲み物、シャーベット

キーマカレーにはサラダやチップスなど日替わりの一品付!





ご予約について

島キッチンでは、新型コロナウイルス感染症対策のため、現在も座席数を減らして営業しています。

ご予定がお決まりの方は、ご来店2日前までにご予約いただけると、待ち時間も少なく、スムーズにお食事をお楽しみいただけます。

ご予約は利用日の2日前までお受けしています。

詳しくは島キッチンホームページをご確認ください。

http://www.shimakitchen.com/info/


ご来島の前に…

豊島に来島されるお客様には事前にご理解いただきたいお願いがあります。

来島前にこちらもご確認ください。

▼豊島観光協会のホームページ

https://teshima-navi.jp/


開店前の朝礼風景
ゴールデンウィークもご来店お待ちしています!



2021年3月25日木曜日

大成功!春の彩りちらし寿司弁当

 こんにちは。

島キッチンの上野です。

先月実施した、島内の方への「週末お弁当キャンペーン」が好評だったので、島の外からのお客様が少しずつ増えてきた今月も、お弁当づくりを続けることにしました。今月からは、月2回のペースで島の方向けにお弁当づくりを行っています。


今日は3月のお弁当の日のお話です。

今月は島の方からのリクエストとひな祭りにちなんで、ちらし寿司を作りました。

内容はメインのちらし寿司、白身魚のフライ、わけぎのぬた和え、スイートスプリングのゼリー、高菜の浅漬け、人参のピクルスです。

今回なんと84食ものご注文をいただきました!

はりきって調理中!

ちらし寿司の具は豊島で採れた人参、椎茸、菜花などを使い、春らしく仕上げました。

お母さんたちの作業は手際よく、丁寧です。

フライに使った魚は、島の方から頂いたボラです。

嫌われ者のボラですが、この時期は寒ボラと言って、とても脂がのってお刺身にしても食べられるものです。

ふわっふわのボラのフライ。たくさん揚げました!

わけぎは今が旬の野菜です。

やわらかいわけぎはぬた和えに。

スイートスプリングは、砂糖を控えめにして素材の味を活かしたゼリーに仕上げました。

完成!

お弁当を食べた方からは、春らしい彩りで、お寿司も美味しかったと嬉しいお声を頂きました。

今後も島キッチンでは、島民の方々が喜ぶお弁当づくりを続けていきたいと思います。