2024年5月19日日曜日

初夏の島キッチン―しょうゆ豆、玉ねぎドレッシング、ばら寿司―

 こんにちは。島キッチンの斉藤です。
最近の島キッチンの様子をお知らせします。


ただ今、もうすぐ豊島で2度目の夏を迎えようとしている斉木さんが、香川の郷土料理「しょうゆ豆」づくりにチャレンジ中です!

まずは、そら豆を天日で干すところから。
乾燥させた後に、炒って醤油に漬けるとしょうゆ豆になるのだとか。

天日干し中のそら豆

島キッチンの軒下に、こうしてそら豆を広げていると、観光に訪れたお客さまが喜んで写真を撮っていかれたりするんだそうです。
時々島の方も、「何干してるん?」と覗きに来てくれています。
そんな様子も楽しみながらの初めてのしょうゆ豆づくりです。

一方、こちらは、もう斉木さんもすっかり手慣れた島キッチンの恒例行事。
島のみなさんから、みずみずしくて柔らかい新玉ねぎをたくさんいただき、今年も新玉ねぎを使った玉ねぎドレッシング作りが始まっています!

思わず笑みがこぼれるこの大きさ!

作業を進めるのは、斉木さんと厨房に立つお母さんたち。
みんな玉ねぎドレッシング作りはお手のもの。仕込みを手伝いに行ったスタッフのイシガさんは玉ねぎが目に染みて涙をにじませていましたが、お母さんたちは動じることもなく、手慣れた作業を続けます。

まずは大量の皮むきから

手際よく作業が進みます

皮をむいた玉ねぎは、コンベクションオーブンでじっくりとローストします。
トロットロにローストされました!

これを米酢、サラダ油、はちみつ、粒マスタード、塩、胡椒と一緒に、攪拌したものが島キッチンの「島野菜のサラダ」に欠かすことのできない玉ねぎドレッシングになるのです。

一部は瓶に詰めて商品化の予定です。みなさま完成を楽しみにお待ちくださいね♪


最後に、こちらは、先日島の方々の集まりにとご注文いただいた島キッチン特製ばら寿司づくりのようすです。
こちらは当日の調理風景

4月の中旬にも、町内会の集まりとご注文を頂いたものですが、おいしかったからと続けてご注文を頂き、斉木さんがこちらも数日前からコツコツ仕込みをしていました。

完成!彩りよく仕上がりました。

今回もお召し上がりいただいた方から、「すごく良かった!」と声をかけていただき、とっても嬉しかったです。

最近は、食いしん坊のシオヤマさんもスタッフに加わり、毎月実施の島内向け弁当のメニュー検討にもがぜん力が入ってきているようです。
近いうちにまた楽しい報告をさせていただきます!

梅仕事もそろそろ?楽しみです♪



2024年5月7日火曜日

ゴールデンウィークは盛りだくさん!

こんにちは。時々島キッチンにいる斉藤です。

こどもの日!新緑祭が開催され、にぎわう棚田

今日は島キッチンのゴールデンウィークの様子をお知らせします。
今年もたくさんのお客さまにご来店いただきました!ありがとうございます!

GWの準備はテラスの草抜きから始まっていました!

にぎわう店内

テラスでものんびり過ごしていただきました!

ご予約のお客さまの多い日は、店頭に受付を設けて整理券を発券しながらご利用時間のご案内をしたり、島キッチンの敷地内の「みかん小屋」でカレーやドリンクの販売をして時間を気にせずテラスでお食事を楽しんでいただいたりという体制でした。

店頭に受付デスク開設!

みかん小屋の店内

いつもよりもたくさんのスタッフやこえびさんで対応したのに加え、今年は瀬戸内国際芸術祭実行委員会のみなさんも一緒に現場を体験。毎日のまかないも賑やかでした。

まかないの時間♪

(島キッチンでの活動の様子はこえび隊のブログでも詳しく紹介しています!)

営業だけでもお祭りのような日々ですが、そのほかにも島キッチンの周りでは、いくつか特別な出来事がありました。

***

ひとつめは4月29日のお大師さん。
旧暦の3月21日、弘法大師の御命日に行われる島の行事です。
豊島では、この日に各地区のお堂が開かれ、島のみなさんが島内外からも来られるお遍路さんをおもてなしします。
お接待はコロナ禍で一時中断されていたため、唐櫃岡での再開は5年ぶりです。

唐櫃の清水観音堂にて

私も、29日のお接待には、こえびさんと一緒にお手伝いをさせていただきました。
さらに今回は、前日に観音堂がある唐櫃の清水の清掃が行われると教えていただき、お掃除にも参加しました。
訪れる方に気持ちよくお詣りしてもらいたいという島のみなさんの心遣いは、前日からもう始まっていたのです!

唐櫃の清水は島のみなさんが大切に守り続けている湧水です。

朝8時に清水に行き「おはようございます!お掃除に参加させてください」とご挨拶をしたところ、「あぁ、いつも島キッチンにいるね」「この前も(清水の作品の)掃除にきてたねぇ」などと声をかけていただきました。
これまであまりお話をする機会のなかった方も島キッチンやこえび隊の活動の様子を見守ってくださっていたんだなぁと思う出来事でした。

お大師さんの当日は、島キッチンに入っていたこえびさんたちも、営業の合間に近くのお堂を巡ってもらいました。島の方々の伝統行事に触れ、温かいもてなしを受け、みんなとてもうれしそうでした。
小学生のこえびさんもお接待に参加していました。

***

もうひとつの大きな出来事は、5月5日に初開催された棚田の「新緑祭」です。

端午の節句は米作りの始まりの日とされています。
豊島の棚田では、今年の作物の豊作を願う意味をこめて今年から「新緑祭」が開催されることになったのです。
この日は島のお誕生会も同時開催でした!
(楽しいお誕生会のようすは、こえび隊のブログをお待ちくださいね。)

島キッチンは棚田のマーケットで冷たいドリンクを販売しました。

キッチンブースのこえびさん!

豊島の柑橘「きよみ」を使ったソーダを販売しました。

青空の下、緑が鮮やかな棚田での集いはとても気持ちよいものでしたが、
実は、この新緑祭の開催の裏側にも、主催者のみなさんの大変な苦労がありました。

それは、果たして棚田に鯉のぼりは揚がるのか!?いったいどういう方法で?というもの。
事前に何度も話し合いが行われ、棚田に集まり試行錯誤が繰り返される一大プロジェクトだったのです!

GW前から棚田で奮闘する主催者のみなさん

こうした島の方々の尽力により、当日の棚田には大きな鯉の家族が元気に泳いでいました。

おもしろそうに泳いでいます!

子どもたちが作ったかわいい鯉のぼりもいっぱいです!

主催者のみなさんも嬉しそう!

***

そんなこんなで、「時々島キッチンにいる」だけだった私も、ゴールデンウィークはどっぷりと豊島で過ごしていました。
気が付けば、この一年ほどで、島内には顔や名前を憶えて、気軽に声をかけあうことのできる人がぐんと増えました。

島キッチンにい続けているうちに、いつの間にか、こうして島行事やイベントの当日だけでなく、裏舞台にも立ち会わせていただくことが多くなりました。
豊島がどんどん身近になっていくようです。

島のみなさんからたくさんのことを教えていただき、新しい経験をたくさんさせていただいています!

十輪寺で夏みかんも摘ませていただきました!



2024年4月2日火曜日

新年度・気持ちも新たに *♬:.:*

こんにちは。時々島キッチンにいる斉藤です。

今年の年明けから、静かに進んでいたのれん新調計画がついに現実のものとなりました!

鮮やかな藍染めののれんを新調しました!

2010年から島キッチンのシンボルとしてお店の入り口に掲げてきたのれん。
初代は、鮮やかな藍染めでした。
その後、染織のできるこえびさんの手で染め直してもらったり、
一度、新しいものにつくりかえたりもしていたようですが、いよいよまた、すっかり色あせてしまいました。布地もあちこち擦り切れてきてしまっています。


これまでののれんも大活躍でした。

昨年夏の洗濯風景

そこで今回は、改めて島キッチン創設当初に立ち返ってみようと、記録を探したところ、なんとこの島キッチンブログ内に、初代のれんについてもしっかり書き残されていました!
のれんはLITMUSさんの藍染めだったことがわかったのです。
(日々の記録って、大切ですね)

▼のれんのことを記録したブログはこちらです
2010年8月 「島キッチンのシンボルができました!」
2013年3月 あと10日~
2013年7月 「のれん」で繋がる思い

そこで、2月中旬に、初代のれんを作っていただいたLITMUSの吉川さんを訪ねて改めて制作をお願いいしたところ、快く引き受けてくださり、3月31日に無事届きました!
今回は島キッチンのロゴも入れてもらっています♪



新年度に間に合うように届けていただいてありがとうございます!

瀬戸内の青い海と、空の間に白く光る朝焼けのような光―
日本古来から伝わる”灰汁発酵建て(あくはっこうだて)”という手法で丁寧に手作業で染めていただいたものです。

色鮮やかに生まれ変わったのれんを前にすると、背筋が伸びる思いです。
これからも島キッチンのシンボルとして長く大切に守っていきたいと思います。

新年度。ちょうど桜も咲き始めました。

みなさん、島キッチンにお越しの際は、新しいのれんもじっくりとご覧ください!!



日替わりのデザートもお楽しみに!






2024年3月19日火曜日

春のお知らせとハンバーガー♪

3月15日 ハンバーガーを作りました!

こんにちは。

冬の間、営業を縮小し土・日・祝日のみの営業をしていましたが、
3月25日(月)から、月曜日の営業を再開します!

島のお母さんたちの畑で、春の野菜も続々と収穫されています。

やわらかい葉物野菜がいっぱいです!


ぜひ旬の豊島のお野菜を味わいに来てくださいね。



春ということで、この度、2020年7月から厨房とカウンター席の間を仕切っていたパーテーションも撤去しています。島キッチンらしい開放感のある空間に戻りました!!

スッキリ!

そして、2020年以来といえば、実に4年ぶりに、島のみなさん向けのお弁当で、ハンバーガーをつくりました!

4年前のハンバーガーはコロナ禍の臨時休業中の大挑戦でしたが、島のみなさんからおいしくて、楽しいメニューとして好評をいただきました。
たびたび「また作ってほしい!」とリクエストを頂いていたにもかかわらず、ふだん作りなれているお料理とは工程も異なり、なかなか難しかったのです。

(以前のハンバーガー弁当のブログはこちら

今回は、丸ノ内ホテルから山口シェフも駆けつけてくれて、とても心強かったです!

付け合わせは、フライドポテトとコールスロー。
どうですか?ポテトもたっぷり!おいしそうでしょう!?

ハンバーガーは食べやすいようにペーパーで包みました。

これからも、楽しみながらいろいろ挑戦していきたいと思います!



2024年3月1日金曜日

日本の伝統調味料

 こんにちは

いつも島キッチンにいる斉木です。

味噌汁飲んでますか

というのも、毎年のように味噌の消費量は減少し続けています。食生活の変化や多様化など、理由は様々です。僕の生まれた約40年前から今現在だと消費量はほぼ半分だそうです。

で今回は味噌作りをしてきました。


先生は豊島の味噌作りの道子さんと発酵マイスターの田嶋明子さんに教えて頂きました。

4日間の工程です。


1日目 

米の浸水漬け

棚田のお米です

2日目

米麹作り


寝る子は育つ


3日目

大豆を煮る

豊島の三井さんの大豆です。

火を起こすときは、冬が薪が下で松葉が上
夏は薪が上で松葉が下
の方が燃えやすいんだそうです

昔の知恵です




4日目

仕上げ

麹、塩、大豆を合わせてミンチにします

モンブランにしか見えない


完成

しっかり空気を抜きながら樽に詰めました

熟成まで半年お待ちください。

うまくいくかな!?








2024年2月21日水曜日

おもちでつながる。・。:

こんにちは。時々島キッチンにいる斉藤です。

2月20日(火)に豊島の家浦港でもちつき大会がありました。

にぎわう会場!

「もちつき大会」は豊島観光協会さんが、毎年行っているもので、いつもお世話になっている島のみなさんに感謝の気持ちをこめて開催されているのだそうです。

今年島キッチンから参加したのは、昨年までとは違うメンバー。みんな初めての参加です!

開会前、はりきるキッチンスタッフ。

朝一番の船で、豊島家浦港に着くと、観光協会のみなさんが早くも準備を始めていました。

開会前の会場です!

この日、用意された餅米は20キロ!集まったみんなでかわるがわる杵を持ち、7臼くらいつきました。

蒸したて熱々の餅米を揉んでいます!

豊島の保育所の子どもたちや小学生も来て、順番におもちをぺったんぺったんとついている様子もかわいかったです。

みんなが目を細めて見守っています♪

もちろん島キッチンチームもつかせてもらいました。ここは島キッチンのチームワークの良さを見せる絶好のチャンス!とばかりにはりきったのですが…

島キッチンチームのもちつきです!

残念なことに、私は杵を持つ手が逆になってしまったばかりか、斉木さんがつき終わるよりも前に杵を振り下ろしてしまうなど、失敗ばかり。不器用さを披露する結果となりました。

周りから「持ち方が違うな?左利きか!?」という声が…

それでも、周りからの声援や歓声が嬉しく、体もぽかぽかと温まる楽しいもちつきでした。

つきたてのおもちはぜんざいに入れて、みんなで楽しみました。
ほかにもあんこ餅、豊島のよもぎを使ったよもぎ餅もつくりました。
もちきりは、ベテランのお母さんたちにお任せし、私たちはもちを丸めたり、ぜんざいを盛り付けたりとお手伝い♪



他にも、タコやさつまいも、かき揚げなどの天ぷらのふるまいや、島の方々が持ってきた野菜やいちごなどの収穫物の販売、豊島珈琲焙煎所さんの出店など盛りだくさんの会場です。

棚田の野菜や柑橘もありました!

いつもお世話になっている島のみなさん、はじめましての島のみなさん、たくさんの豊島の方々にもお会いできた、楽しいもちつき大会でした。

この日最後のもちつきは観光協会のみなさん!


さらに!もちつき会終了後にはなんと、観光協会のみなさんから、お手伝いをさせていただいた私たちにも具たくさんの豚汁やおにぎり、天ぷらのごちそうが!

笑顔で囲む食卓

観光協会のみなさんは、この日のために、数日前からたくさんの準備をしてくださっていたようです。温かい心遣いがとってもすてきで、私たちもこのような場にご一緒させていただき、交流の輪を少しずつ広げていけることを嬉しく思う一日でした。