2022年3月1日火曜日

「輪投げ」と「食の歳時記」プロジェクト!


こんにちは。時々島キッチンにいる斉藤です。

 昨年11月、島キッチンでは十夜のお食事のご注文をいただきました。

「十夜?」「十五夜じゃなくて??」

唐櫃では毎年11月14日に十輪寺で行われている法事で、銀杏ご飯を食べる風習があるそうです。

何年も豊島に通っていても、島の食卓については、まだまだ知らないことがたくさんあるのだ!と改めて気づかされた出来事でした。

十輪寺の銀杏の木

そこから、郷土料理や年中行事、島のみなさんに親しまれている食材などについて、もっと知りたい!という思いがむくむくとわいてきました。

どこへ行ったらお話を聞けるのだろう?とあちこちに聞いたところ、老人会のみなさんなどが島内各集落で開催している「輪投げ」の会の存在にたどり着きました。

ということで、年明けから各集落にお願いして回り、1月19日に唐櫃、1月24日に家浦、2月8日に甲生の輪投げ会に参加させていただきました!

輪投げにも初挑戦!

この輪投げが想像以上に白熱したものだったのにもびっくりなのですが、輪投げのあとに、参加者のみなさんにお話を聞いてさらにびっくり!
食べ物の話はどの地区でも大盛り上がりで、たくさんお話を聞かせていただきました。

おいしいものや自慢の野菜の話が次々に出てきます

季節ごとの食材や、なじみの深い料理について聞かせてもらい、ひとつずつ付箋に書いて貼り付けていったところ、1月から12月までに区切った下地の表が見えなくなるほどのボリューム。
あっという間に、豊島の食の豊かさを実感できる歳時記ができました!

黄色が唐櫃、赤が家浦、白が甲生での話題です。

お話しいただいたのは、

・あんもち、ふぐ出汁のおすましなど、家庭のルーツによって異なるお雑煮のこと
・「てっぱい」「かんころ」など耳慣れない料理のこと
・手作りの味噌も、唐櫃は赤味噌、家浦は白みそ、甲生は田舎味噌と違うこと
・他の地域では臭いといわれる夏のボラも、この辺りの海で育ったものはおいしいこと
・豊島で栽培されているゴマは、白ゴマでも黒ゴマでもなく、茶ゴマであること
・大豆をすりつぶして出汁を加えた「ごう汁」は昔懐かしい島の味…と思っていたら、今も日常的に食べられていること(「今日も食べてきたわ」という方がいてびっくり!)

などなど。

関東出身の私には恥ずかしながら、どれをとっても「ええー!?」っと驚く話ばかり。
みなさんが楽しそうに話していた、大学いもや木の芽和えなどは、島キッチンでもできそう!?作れたらいいなぁ♪と思いました。

こうして各集落で顔を合わせてお話をするのも普段はなかなかないことで、島キッチンのお弁当などについてのご意見や、島のお誕生会などのイベントに関する提案など、ざっくばらんにお話いただけたのも嬉しかったです。

また、改めて、「芸術祭ってどんなしくみなの?」「こえび隊って何をしているの?」といった質問に答える場面もあったりして、知っているようで知らないお互いのことを、肩ひじ張らずにたずね合えたこともあり、参加したスタッフ一同この「輪投げ」に無限の可能性を感じ始めているところです。

ご協力いただいたみなさま、どうもありがとうございます。

真剣勝負の輪投げも、とても楽しかったので、ぜひまた参加させてください♪


盛り上がり方も集落ごとに違っていておもしろかったです。

2022年2月6日日曜日

大根フェス!!


こんにちは。
島キッチンの上野です。
昨年末、豊島の美味しい大根をたくさん使って沢庵を仕込みました。


使った大根の数はなんと60本!
今年の芸術祭に向けての仕込みです。


大根は、まずは1週間ほど干して軟らかくします。



その後、漬物樽に大根、塩の順番で平らに並べ、重ねていきます。

 

更に1週間ほど寝かせると水が上がって来るので、

樽から取り出して水気をしっかり拭きます。

それから、ぬかに大豆、昆布、塩、鷹の爪を混ぜ合わせた沢庵漬けの種を作り、

 

また、樽にぬか、大根の順番に最初の時と同じように平らに並べ、重ねていきます。


最後に、干した大根の葉っぱと残りのぬかを敷き詰めて、


重石を乗せたら沢庵の仕込み作業は完了です!


夏会期には美味しい沢庵が食べられるかな?


さらに、割り干し大根も40㎏仕込みました!

 

一昨年よりも量は少ないけれど、綺麗な割り干し大根がたくさん出来ました。
今年は前菜、サラダ、漬物などに使う予定です。





2022年1月17日月曜日

島キッチンの冬メニュー.:。・:

こんにちは。島キッチンの上野です。

 

1月から2月末まで、島キッチンでは冬のメニューをご提供しています。

メニューは、東京・丸ノ内ホテルの山口シェフにアドバイスを頂き

島キッチン特製キーマカレーをアレンジした「キーマカレードリア」です。


ごはんをホワイトソースにからめて、その上にキーマカレーをかけてチーズをのせ

200度のオーブンで15分焼いた熱々のドリア!

数量限定でご用意しています。


冬の島キッチンセットのメインは瀬戸内の鮮魚のフライです。

小鉢やお野菜などは日によって変ります。

たったぷり添えたタルタルソースと一緒にお召し上がりください!


2021年12月22日水曜日

干し柿。

 こんにちは。島キッチンの上野です。

11月頭に島キッチンの渋柿の木に美味しそうな柿が沢山なっているのを見て、

島キッチンに来てから初めての干し柿作りに挑戦しました。


島民の方から柿の木は折れやすと聞いていたので慎重に脚立に登り

柿の収穫から始めました。


収穫のポイントは、枝をT字に残すことです!!

この切り方を間違えると紐で柿を縛れなくなってしまいます。


収穫後、まずは、柿を丁寧に洗い皮をむきます。


続いてT字の枝に紐を結んでいきます。

ここでのポイントは、枝が折れやすいので慎重かつ外れないようにしっかりと結ぶことです!


そして、次の工程が干し柿作りで一番重要な煮沸消毒!!

これをしっかりしないとカビが発生しやすく、頑張って収穫した柿が台無しになってしまいます。


必ず10分以上は煮沸することが鉄則!!

十分煮沸をしたら干します。


干し方のポイントは風通しが良く、雨に当たらない場所を選ぶことです。


干し終えた後もカビが発生してないか毎日確認して、

その都度柿を軽く揉んであげると美味しくなります。


3週間程で干した時の半分ほどまでしぼみました。

これから更に乾燥させて完成です。


そして、完成したした干し柿がこちらです!


12月の島キッチンの営業は終わってしまいましたが

来年の前菜で登場予定です。ご期待ください!


2021年10月26日火曜日

すてきなお客さま。♪:・*

嬉しいお知らせです! 

島キッチンにも、遠方から、すてきなお客さまがやってきました!

アサギマダラ!島キッチンにようこそ!


3月に豊島にお住いの方から、フジバカマをいただき、島キッチンの庭に植えました。

フジバカマの花にはアサギマダラという蝶が、何万キロもの旅の途中で飛来します。


豊島にもアサギマダラを呼ぼう!と島内のあちこちにフジバカマを移植してるとのことで、島キッチンにも二株ほど分けていただいたものです。

フジバカマ移植の様子

しっかり根付くかな?目印をつけて何度も様子を見に行きました。

最初は背も低く小さかったのですが、3か月後には背丈が4倍ほどにも伸びていました。


9月になるとつぼみが色づき、ふくらみ始めました!

そして今月!花の周りを優雅に舞う蝶を発見!!

どこにいるかわかりますか??

待ちに待ったお客さまです!!

アサギマダラを見た時は本当に嬉しくて、見とれてしまいました。

何万キロも旅をする中で、いったいどうやってフジバカマを見つけるのでしょうか。

不思議ですね。



ぜひまた来年もお立ち寄りください。ご来店心よりお待ちしています!!

2021年9月27日月曜日

島キッチンの誕生秘話!~東京・丸ノ内ホテル 山口仁八郎シェフのお話~

 7月に「島キッチンの10年」をテーマに開催したオンラインイベントの内容を、これまで少しずつブログにしてきましたが、いよいよこれが最終回。

最後に紹介するのは、建築家・安部良さんとともに島キッチンを生み、育ててくださっている東京・丸ノ内ホテルの総料理長・山口仁八郎シェフです。

唐櫃風ラタトゥイユ(調理中)


山口シェフが初めて豊島を訪れたのは2009年のこと。

訪れる前までは豊島といえば誰もが口にするのは「ごみの島」という言葉でした。

「本当にそんなことがあるのだろうか?自分の目で見て知りたい!」という気持ちが強くなっていた頃に、芸術祭の話があり、豊島に向かうことになったのです。


家浦港(現在の様子)

初めて家浦港に足を一歩降ろした瞬間から、「ここは豊かな島だ。この島で島の人たちに何かをしたい!」そんな思いがこみ上げてきたそうです。

その後産業廃棄物不法投棄現場などを見学し、豊島を知れば知るほど、さらに島への思いが強くなり、芸術祭への参加していくことになります。

山口シェフ(右端)と島のお母さん、こえび隊

今では、島のお母さんたちも、山口シェフが島キッチンに来るのを心待ちにするようになっていますが、出会ったばかりの頃は、打ち解けるまでに少し時間がかかったそうです。

何度か話し合いを重ねた末に、「なら、一緒にやろうや。」と言ってもらえたときは本当にうれしかった!と話してくれました。

笑顔でお母さんたちとの思い出を語る山口シェフ

島キッチンは建物の中に島のお母さんたちがいて初めて完成する作品。それは当初から、建築家・安部良さんとも話し合っていたことです。

山口シェフは、お母さんたちが自分たちでできるようサポート役であること、そして、極力ごみを出さず食材を使い切ることを常に意識していたと言います。


そして2010年7月芸術祭開幕と同時に島キッチンがオープン!そこから怒涛の100日間。

賑わう島キッチン!

昼夜なく厨房に立って料理や仕込みを続けたそうですが、疲れるどころか、楽しくて、楽しくて仕方なかったとのこと。

原動力となったのは「自分たちを受け入れてくれた島のみなさんに恩返しがしたい!たくさんの人に来てもらいたい!」という思いでした。

2010年芸術祭閉幕直後の島キッチンにて

芸術祭の閉会式はひとつの節目ですが、島キッチンの活動はそこで終わりではありません。翌日から、また新しい島キッチンが始まります。
山口シェフもそんな思いで、今日まで島キッチンとともに歩んでくださっています。

山口シェフ監修の島キッチンセット(2014年)

島のお誕生会にシェフ登場!(2018年)

お客様がほっと一息ついて帰っていく、島キッチンをそんな場所にしていきたい―これがが、山口シェフの思いです。

山口シェフや関わってくれたくさんの人たちのの思いを、私たちもしっかり受け継いでいかなければ!と改めて感じました。






山口シェフ、そしてこれまで島キッチンに関わってくださったすべてのみなさん、本当にありがとうございます!
私たちは、これからも「おいしい!楽しい!島キッチン!」を合言葉に活動を続けていきます。
これからもどうぞよろしくお願いします!!

2021年9月14日火曜日

豊島のみなさんに特別な日のお食事をお届けします!

この夏の嬉しい出来事のひとつを、書き留めておきたいと思います。

お盆の時期に、豊島にお住いの方から「法事の際のお食事に…」とのご相談をいただき、特別なお弁当を作らせていただきました!


島のみなさんにとって、便利で身近な場所でありたいと思いながら、試行錯誤すること11年―

ついに島内の方から、初めての特注弁当のご相談をいただきました!

なにより、こうした特別なお食事の場面に、島キッチンのことを思い出していただけたということが、とてもありがたいことなのです。

これは何としても良いお弁当に仕上げなくては!

ということで、すぐに、島キッチンオープン当初からお料理を監修してくださっている東京・丸の内ホテルの山口シェフにもご報告。山口シェフも一緒に喜んでくれました!

そして、「法事なら、魚は背の青いものを」といったことから、お弁当のメニュー構成や調理方法等についてもたくさんのアドバイスをいただき、店長の上野さんと厨房のお母さんたちが腕によりをかけて調理しました。


この日のお品書き:

・かきまぜごはん

・鯖の塩焼き~茗荷の甘酢漬け添え~

・玉子焼き   

・冬瓜の煮物

・野菜のサラダ

・白ナスの味噌田楽

・天ぷら

 



これを契機に、島内限定とはなりますが、法事やお祝い、記念日など、さまざま用途に合わせたお料理をお届けしていけるようになると嬉しいです。

豊島のみなさん、ご家庭や事業所、ご親族の集まりの場などにぜひご利用ください!!